テキーラは「キツいお酒」のイメージ

スポンサードリンク

テキーラは「キツいお酒」のイメージ

テキーラはキツいお酒、と言うイメージがありますが、実際のところ、テキーラは強いお酒なのでしょうか。
テキーラのアルコール度数は40%前後で、標準的なウイスキーなどと同じです。
他のお酒でいうとビールは約5%、ワインや日本酒が20%前後なので、それらと比べると確かに高い度数ですが、無謀なほどにキツずきるお酒、というほどでもないようです。

 

テキーラが「キツいお酒」と言われるのは、その甘いような臭いような、なんとも表現しにくい独特の味わい、日本人にはあまりなじみのない味から「キツい」と表現されているのかもしれません。
テキーラは、リュウゼツランという植物の株を蒸し煮し、それを絞った液が原料となります。
メキシコのテキーラ村で製造されたものだけを「テキーラ」とよぶそうです。

 

テキーラは熟成方法によってゴールドとシルバーの2通りに分けられます。
シルバーは、熟成をせずにアルミ樽で短期貯蔵し、その後に水を足して造られます。
ゴールドは樫の木の樽で熟成します。
熟成期間が長いものはそれなりに高価になり、高いものだと日本円で1万円前後になるものもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


テキーラは「キツいお酒」のイメージ関連ページ

選び方は?
おすすめテキーラをご紹介します。
実はセレブのお酒?
おすすめテキーラをご紹介します。
メキシコ人に愛される理由
おすすめテキーラをご紹介します。
原料はなに?
おすすめテキーラをご紹介します。
プレミアムテキーラとは?
おすすめテキーラをご紹介します。
テキーラの保存方法は常温?冷蔵庫?冷凍庫?
テキーラの歴史とは
テキーラの原料はサボテン?リュウゼツランとは
テキーラの由来とは
テキーラの製造工程
テキーラショットグラスの形とゲーム
ロバートデニーロが愛飲するテキーラ|ポルフィディオ・アネホ