テキーラの製造工程

スポンサードリンク

テキーラの製造工程

 

 

収穫した竜舌蘭がどの様にテキーラになるのでしょうか。
生育した竜舌蘭「アガベ・テキラーナ」の葉を切り落とし、パイナップルに似た根だけを使用します。
工場で30時間ほど90度の蒸し煮にした後、すり潰し、その後、酵母を入れて、絞った汁を発酵させます。絞った汁は、とても甘い汁になります。

 

発酵の後は5%ほどのアルコール分になり、この時点で「プルケ」という歴史の長いお酒が出来ます。風味は日本の「どぶろく」と似ています。
発酵が終わった後は、単式蒸留器で2回ほど蒸留させるとアルコール分が55%ほどになります。蒸留回数は蒸留所によって違う場合があります。
ただ、アルコール度数は35%〜55%の規定があります。

 

テキーラを蒸留してろ過すると、ステンレス製のタンクやオークの樽などで貯蔵し、熟成させ瓶詰めされます。味の違いが熟成期間などで変わってきます。
瓶詰めの際には、蒸留所に付与されている番号を記載しなければならないというルールがあります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


テキーラの製造工程関連ページ

選び方は?
おすすめテキーラをご紹介します。
実はセレブのお酒?
おすすめテキーラをご紹介します。
キツいお酒のイメージ?
おすすめテキーラをご紹介します。
メキシコ人に愛される理由
おすすめテキーラをご紹介します。
原料はなに?
おすすめテキーラをご紹介します。
プレミアムテキーラとは?
おすすめテキーラをご紹介します。
テキーラの保存方法は常温?冷蔵庫?冷凍庫?
テキーラの歴史とは
テキーラの原料はサボテン?リュウゼツランとは
テキーラの由来とは
テキーラショットグラスの形とゲーム
ロバートデニーロが愛飲するテキーラ|ポルフィディオ・アネホ