芋虫が入ったテキーラ

スポンサードリンク

芋虫が入ったテキーラ

 

赤い芋虫が入った「グサーノ・ロホ」という人気のテキーラはご存じでしょうか。
ただし、原材料や製造方法は一緒なのですが、ハリスコ州テキーラ村周辺の竜舌蘭ではないので、正確にはメスカルという種類のお酒になります。

 

この赤い芋虫の正体は、テキーラの原材料である竜舌蘭に生息し、食用に用いられる「グサーノ・ロホ」です。グラスに注いだ時に芋虫が入ったら、
飲み干しましょう。幸せになれるという言い伝えがあります。
芋虫の味は特にしないそうです。

 

「グサーノ・ロホ」ですが、塩としても有名です。この芋虫が出したオシッコを乾燥させて造ります。赤い色の塩になるそうです。
テキーラを飲む時は、この塩を舐めながら飲むのが究極の飲み方です。

 

日本のお店では、50mlの小瓶を仕入れて出しているところがあり、1瓶に1匹グサーノ・ロホが入っているので、たくさんの人が幸せになります。
素敵な計らいですね。
幸せが訪れるように「グサーノ・ロホ」を飲んでみたいものですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


芋虫が入ったテキーラ関連ページ

有名な銘柄は?
おすすめテキーラをご紹介します。
テキーラ「ドン・フリオ」
初心者向けのテキーラ
サボテン入りのテキーラボトル